会社設立・起業支援・遺言相続・相談 | 東京都江東区 行政書士 土井義広|東京都23区,江東区,江戸川区,墨田区,市川市,船橋市から全国対応

本店所在地の決め方

本店所在地の決め方

本店所在地とは、会社の住所のことです。特に制限はありませんので、自宅でも賃貸の事務所でもマンションでも構いません。
ただし、これは登記とは関係あれませんが、賃貸の物件では念のため貸主の了解を得ておきましょう。特に都道府県などの公営住宅では、使用目的を制限している場合がありますので、必ず事前に確認しましょう。

本店所在地の決め方

決め方には次の2通りあります。お勧めは、①の市区町村で留める方法です。

1.定款の記載を最小行政単位(市区町村)で留める方法
定款の記載を「東京都千代田区」までとし、実際の地番までの所在地を発起人会議事録などで決めます。この場合のメリットは、市区町村内での本店移転は、定款変更の必要はありません。定款の変更には株主総会の決議が必要になりますので、株が多い場合には手続が面倒です。
ただし、となりのビルに本店を移転した場合でも、本店移転の登記は必要になりますのでご注意ください。
定款記載例

(本店所在地)
第〇条 当会社の本店は、東京都千代田区に置く。

2.定款に本店の所在場所(地番)まで記載する方法
定款に地番までの所在地を記載する場合、となりのビルに移転する場合でも定款の変更が必要になります。ただし、この場合であってもマンション名や階数、部屋番号などの記載はしないほうがよいでしょう。
定款記載例

(本店所在地)
第〇条 当会社の本店は、東京都千代田区千代田〇番〇番〇号に置く。


営業許可が必要な業種とは? < 本店所在地の決め方 > 公告方法を考えよう

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional