会社設立・起業支援・遺言相続・相談 | 東京都江東区 行政書士 土井義広|東京都23区,江東区,江戸川区,墨田区,市川市,船橋市から全国対応

定款作成のルール

定款作成のルール

定款に記載する事項には、「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」の3つがあります。

1. 絶対的記載事項

 必ず記載しなければならない事項です。この事項の記載がないと定款は無効となります。
    (1)目的
    (2)商号
    (3)本店の所在地
    (4)設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
    (5)発起人の氏名又は名称及び住所
    (6)発行可能株式総数
    *(6)は、原始定款(会社設立時に作る定款)に定めなくても、定款自体は無効と
     なりませんが、会社設立までに必ず定めなければならない事項ですので、
     ここでは絶対的記載事項に含めております。

2. 相対的記載事項

 必ず記載しなければならない事項ではありませんが、記載しなければその効力が生じない事項です。
 定めたら必ず記載しましょう。
    (1)設立時の現物出資に関する事項
    (2)株式の譲渡制限に関する事項
    (3)相続人等に対する株式の売渡し請求
    (4)特定の株式のみと株式の売買契約を締結できる規定
    *上記以外にも多数存在します。

3. 任意的記載事項

 定款に記載しなくともよい規定です。但し、いったん定款に定めたら定款変更しない限り規定を変更できません。その点は注意が必要です。
    (1)公告方法
    (2)事業年度に関する規定
    (3)役員の人数
    (4)定時株主総会の開催時期
    *その他、必要に応じて定めます。

定款作成の流れ < 定款作成のルール > 定款を作る

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional