会社設立・起業支援・遺言相続・相談 | 東京都江東区 行政書士 土井義広|東京都23区,江東区,江戸川区,墨田区,市川市,船橋市から全国対応

会社の印鑑を作る

会社の印鑑を作る

代表者印

代表印

「代表者印」は、会社を設立するときに必ず作らなければならない印鑑で、法務局にも印鑑登録をします。そのため会社の実印と呼ばれています。役所への申請や届出、契約書の締結などに使用します。
「代表者印」は、印鑑の大きさが決められており、辺の長さが1cmを超え、3cm以内の正方形の中に収まるサイズのものとされています。一般的には、直径18mmの印鑑が使われます。印鑑屋さんに特にサイズを指定しないで代表者印を頼むと、18mmの印鑑を作ってくれます。なお、内枠には代表取締役印と入ります。

銀行印

銀行印

「銀行印」は文字通り銀行口座の届出印です。代表者印と兼用で使っている会社もありますが、紛失や盗難などにあっては大変なことになります。契約と銀行取引が同じ印鑑で可能となりますので、印鑑は別々にしたほうがよろしいでしょう。
印鑑の大きさは、一般的に代表者印より一回り小さめの直径16.5mmのものが使用されます。代表者印との押し間違いを防ぐために大きさを変えています。なお、内枠には銀行之印と入ります。

角印

角印

「角印」は、請求書の発行をはじめとする日常的な業務に使用します。「角印」は、絶対作らなければならないものではありませんが、日常業務には大変活躍いたします。もしかしたら一番使う印鑑かもしれません。あったほうが大変便利です。大きさは、直径21mm又は24mmのものが一般的です。

★ 会社の印鑑は、ながーく使うものです。できるだけ質の良い印鑑をお求めください。

当事務所でも印鑑製作を承ります。

  • 材  質:柘または黒水牛
  • サイズ :代表者印18mm、銀行印16.5mm、角印21mm
  • 字  体:篆書体
  • 価  格:柘18,900円、黒水牛 25,200円(3本セット価格)


      事業年度を考えよう < 会社の印鑑を作る


powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional